2020年10月18日

「純真」

接触する稽古を一部再会した。息を荒げず、接触時間を少なくするよう工夫している。
数稽古の効率は求めず、組の人数を増やして、見取り稽古も出来るようにした。
稽古仲間の動き、表情が見え、組全体の雰囲気まで、多くを感じる事ができる。
基本鍛錬も2本程度と少ないが、足さばきや、接触、体捌きなど、実感でき新鮮に感じる。
掴ませる、ぶつからない、りきみを取るなど、感覚的な部分も感じやすく、1回1回の感度をあげて稽古することの大切さを感じている。

全体的に感じることは、2~3年稽古されている方々の成長。入会当時の動きの迷い、手順の学習も乗り越えられて、
動きに自信と、安定感が感じられます。身体も鍛えられ、動きもスムーズさを増しているように見えます。
道場にこられる回数は少なくとも、ご自宅で稽古されたり、合気道の稽古の事を考える優先順位の高さを感じたりします。
「純情」や「情熱」が「研究心」や「努力」に結びつく、「純真」を得られて稽古する姿に美しさが現れるように思います。
「美しさ」が表れるよう稽古して参りたいと思います。

都島道場 博道館
束元

【都島道場 10月稽古予定】 

火曜・木曜日 少年部、午後7時~8時、一般の部、午後8時~9時
土曜日 少年部、午前9時半~10時半、一般の部、午前10時半~12時
早朝稽古 金曜日、土曜日 午前6時~7時
※11月以降に土曜午後の一般の部の稽古を企画しています。詳細決まり次第お知らせ致します。
※入会希望者、及び、お子様の入会をご検討されているご父兄のご見学も再開しています。



Posted by 都城合気道錬成会道友 at 05:52│Comments(0)
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「純真」
    コメント(0)