2020年02月23日

「上がる」

稽古で動く中で、身体が沈む、上げる、が交互に繰り返えされている事を感じます。
相手が片手でこちらの腕をつかんでくる片手取り。相手が両手でこちらの片方の手を掴む諸手(もろて)取り。両手で両手を取る両手取り。
相手に掴まれた腕をあげて相手を押さえてしまう技、相手を後方に倒す技。身体を沈み込ませて上げる動作の中で、
うまく行く時行かない時があります。相手によって違う。スムーズに抑えられ、倒れる事ばかりではありません。
うまく行かない時、力の強い稽古相手への苦手意識、先入観、気後れして、身構える、自分の気持ちが凝り固まっているのかもしれません。
上げる時の重さを自分が想定して、自分で力(りき)んでいる事も考えられます。
毎回いろいろと考えて、掴まれた腕をスムーズに上げられるように、もがきます。
腕を上げるタイミングもあるのか。沈み込んだ相手の上がる気持ちに合わせられたらと思います。地に沈み、上がる気があるとして、
自然に「上がる」を感じるようにやってみたいと思いました。

都島道場 博道館
束元

【小林教室 稽古予定】
場所:緑ヶ丘集会所


【2月】
日程: 【土曜日】1日・8日・15日・22日・29日

     時間:19時~21時

※ご見学希望者は、HPの連絡先へ電話かメールにてお知らせ下さい


【2月スケジュール】
都島道場 寒中稽古
1月14日(火)~2月15日(土)都島道場 寒中稽古
  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 08:10Comments(0)

2020年02月16日

「背骨を伸ばす」

昨日の朝、背中がこわばって、何か気持ち悪い、なかなか柔らかくならないので、家にあるストレッチポールを使ってみました。
ポールを横たえて、またがって座り、安定したら、ポールに仰向けに寝そべって、ポールに体重を預けます。
まずは、背骨をポールの中心に合わせて、しばらくそのままにしてみました。まだまだほぐれません。
肩甲骨の下あたりの背骨をピンポイントに押してみたいと思い、ポールの端を使えないかと体をずらし当てて見ました。
その時点では、特に気持ち良いとは、思いませんでしたが、しばらく、ポールの上で仰向けになっていました。
もう良かろうと、ポールを抜いて、畳の上で仰向けに寝てみました。背中がホンワカとして、何やらほぐれた様子。少し楽になりました。
合気道の稽古終わりの「背伸ばし」、稽古仲間の背を借りて伸ばす事は気持ち良いですが、一人で背中を伸ばす事は中々難しい。
普段は忘れているストレッチポールでしたが、見直す機会となりました。昨日午後の稽古の合間に雑誌を見ていたら、
記事に、固い板の上で寝ると背骨の矯正に良いとの事。背骨には毎日負担がかかるもの。
負担を減らし、いたわる方法を増やしたいと思った昨日でした。

都島道場 博道館
束元

【小林教室 稽古予定】
場所:緑ヶ丘集会所


【2月】
日程: 【土曜日】1日・8日・15日・22日・29日

     時間:19時~21時

※ご見学希望者は、HPの連絡先へ電話かメールにてお知らせ下さい


【2月スケジュール】
都島道場 寒中稽古
1月14日(火)~2月15日(土)都島道場 寒中稽古
  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 06:23Comments(0)

2020年02月09日

「文殊の知恵」

先週、金属のポールのペンキ塗り替え作業をする機会があった。
ポールのペンキは一部パリパリに剥がれて、一部はしっかりと定着している。
さて、どのように作業を進めるか。古いペンキを剥がし、新しいペンキを塗る。
ペンキを塗ったことはあるが、ポールからきれいにペンキを剥がす作業は初めてだった。
ペンキを剥がす方法を考えてから、同僚に道具を借りに行った。自分が当てにしていた道具はすでに無かった。
事情を話すと、私でも使える道具を選んでくれた。自分が考えていたよりも機能も効率も遥かに良かった。
もう一人の同僚が、速度を調節できる道具を引っ張りだしてくれて、ペンキの粉を被るので、ゴーグル、マスク、レインコート着用を提案。
まさに「三人寄れば文殊の知恵」。安全に全ての作業が終わった後、実現したものは、多少、イメージと違っていたけれど、自分の腑に落ちる、「これならよし」と思える出来栄えのものでした。
始めに頭にあったものは、きれいにペンキを塗り替えられたポールだけ。思いが伝わって行き、ぶつかっては良い道を探す。
「持つべきは友達」「終わり良ければ総て良し」「結果オーライ」の奇跡のゴールのようなものでした。

都島道場 博道館
束元

【小林教室 稽古予定】
場所:緑ヶ丘集会所


【2月】
日程: 【土曜日】1日・8日・15日・22日・29日

     時間:19時~21時

※ご見学希望者は、HPの連絡先へ電話かメールにてお知らせ下さい


【2月スケジュール】
都島道場 寒中稽古
1月14日(火)~2月15日(土)都島道場 寒中稽古
  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 08:11Comments(0)

2020年02月02日

「達成感を積む」

早いもので昨日より2月に入りました。1月行く月を実感しました。2月は逃げる、3月は去る、新年度まではあっという間ですが、まずは、寒中稽古に照準をあわせて稽古したいと思います。

先週の金曜日、午前6時からの早朝稽古は、久しぶりに冷え込みましたが、5名の参加者、内1名は女性会員の参加がありました。
言葉数すくなく、回数を多く繰り返す、数稽古。集中力と熱が高まります。午前7時の稽古終わりには、スッキリと笑って「ありがとうございました」と帰途につかれます。
冷たく、きつい、氷の坂を乗り越えたような、達成感を感じて、繰り返し、積み重ねる。
この季節、寒中稽古は、早朝稽古に限らず、誰もが小さな達成感を沢山積み重ねる経験が出来る季節のように思います。自信にも、力にも結びつきそうです。

金曜の早朝稽古で、気温は冷え込んで来ているのに、寒さを感じない、受け付けない不思議な感じを受けました。
翌日の土曜日の早朝稽古時も、前日程ではありませんが、寒さを受け付けない感覚は残っていました。
身体感覚というものでしょうか。50歳を超えて感覚が鈍ってきたか、先週の風邪ひきでおかしくなったかとの思いはありますが、
不思議な体験でした。身体感覚。自分が感じる自分の身体の状態、感覚。自分が感じるもの、自分しか感じる事ができないもの。
こんなこともあると楽しくなります。自己満足度も高い、寒中稽古、早朝稽古ではないかと感じました。

都島道場 博道館
束元

【小林教室 稽古予定】
場所:緑ヶ丘集会所


【2月】
日程: 【土曜日】1日・8日・15日・22日・29日

     時間:19時~21時

※ご見学希望者は、HPの連絡先へ電話かメールにてお知らせ下さい


【2月スケジュール】
都島道場 寒中稽古
1月14日(火)~2月15日(土)都島道場 寒中稽古
  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 06:57Comments(0)