2012年07月30日

会長の言葉 (宮崎県合気道連盟会長 野中日文)

勝敗の道を知る者は、必ずまた畏侮の権を知る。
政治色が濃いといわれる、戦国期の支那の戦略家尉繚子の言葉です。「勝敗の道を知る者」とは戦略家のこと。畏侮の権を知るとは、人はどんな時に畏れられ、またどんな時にみくびられるのかという人情の機微を知っていること。勝敗の道とは勝負の道。つまり武道。
これでハッキリするでしょう。オリンピックで金メダルをとっても、市民たちから「トレーナーを着たゴリラ」といわれているようでは論外。文武両道。武道を学んでいながら音楽がわからん、書がわからん、漢字が読めない、『孫子』と聞いただけで首をすくめるようではダメ。そんな人間が武道を学んでも兵隊さん(他人の道具)。しっかり頼みますよ。
  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 11:45Comments(0)

2012年07月30日

昇段審査

先週土曜日、宮崎研修において都城錬成会会員三名の昇段審査が行われ
小嶋、雀ヶ野、宮田各会員無事合格致しました、おめでとうございます。
小嶋利保会員は6歳から合気道発心し本年10年目のキャリアです、現在15歳ですが80名の都城錬成会員の中で10番目の古参です。
研修、審査では小生が相手を取らせてもらいましたが、柔らかさの中にキレのある動きは有段者すら見本としたい程、自身良い稽古になりました。
彼女が小学低学年時に亡き黒木先生の指導時間、いつも泣きながら稽古していたことを思い出しながら胸の熱くなる時間でした。
黒木師、この成長と昇段を一番喜んで下されていると思います、合格の報告を聞いた先生の顔が目に浮かびます。
三名には後進達の良き目標として今後一層の精進を願います、特に小嶋、雀ヶ野両名は少年部の子供達の良き先輩としてよろしくお願いします。


錬成会理事長
山之口道場長
園田  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 11:44Comments(0)

2012年07月29日

催事案内「キャンプ」


8月4日(土曜)5日(日曜)の一泊二日で
都城合気道錬成会、各道場合同のキャンプが予定されております。
場所は 鹿児島県 末吉町 花房憩いの森キャンプ場
参加費 2000円 夕食 バーベキュー 常設テント泊
13:00現地集合 翌日12:00現地解散
参加可能な会員はご連絡いただければテントの空きが
ありますので、ぜひご参加下さい。
詳細につきましては、各道場に案内を準備しておりますので
お問い合わせお願い致します。
会員の皆様には、催事には、積極的にご参加いただきますようお願い致します。
稽古時間帯が違う為、普段お会いする機会の少ない会員
、錬成会各道場間の交流など、楽しい中にも、それぞれの
成長の機会となることも多いかと思います。
また、会の一員として、自らが何ができるか、どのように
行動すべきなのか、実践する機会と思います。
楽しい会となりますよう、準備進めておりますので、
ご参加、ご協力頂きます様お願い致します。
道場長代行 束元

  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 20:48Comments(0)

2012年07月23日

郷中教育参加日記(2)

7月22日、早や第3回となる「郷中教育」に参加して参りました。
今回は、一日小雨の前回と違って、曇り空ながら時折晴れ間がのぞく、まずまずのお天気。
前半の論語素読が終わって、島津邸中庭での武道体験講座。

当錬成会から数名の有段者が指導員として参加し、子供たちとその親御さん達を対象に、護身術の指導を行ないました。子供たちも、今回が3回目ということもあり、随分馴染んできた様子。最初のころは、まさに「わけが分からない」状態だったのが、今回は技の「意味」を理解し始めている様子が感じられました。意味が分かれば、当然、「面白さ、楽しさ」も分かるわけで、皆、いきいきと取り組んでいました。いや、本当に子供の順応性は、たいしたものです。

その後は、皆で「竹馬づくり」。竹馬を作ったことはもちろん、乗ったこともない子がほとんどでしたが、どうにかこうにか自分達で作って、竹馬乗りに必死でチャレンジする姿は、微笑ましいものがありました。大人も童心に帰って楽しめましたし、あっという間に一日が過ぎた感じです。

一日、天気に恵まれ、郷中教育は終了。引き続き、「さあ、これから楽しいバーベキュー大会だ!」と勢いこんでいましたが、終了を待っていたように、なんと、「バケツをひっくり返したような」集中豪雨が来襲。一部では、床下浸水もあったとか。残念ながらBBQは次回へ持ち越しとなりましたが、なんだかんだで思い出深い一日となりました。

広報 久野
  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 18:20Comments(0)

2012年07月23日

「豪雨、雷雨」


昨日(7月22日)16:00時より、予定していた
夏季栄養会(屋外)を豪雨、雷雨の為、
中止とさせて頂きました。
楽しみにされていた会員のみなさん、準備を進めて
頂きましたみなさまにはご迷惑をお掛けいたしました。
開始2時間前、買出しをすませて、
さて、設営にとりかかった ところで、「ゴロゴロ」
と雷様の声が聞こえてきました。
空はみる間に、雲がどす黒く、厚みを増し、豪雨が始まりました。
あまりの激しさに、連絡の都合で車に乗り込み走り出すと
すでに、場所によっては、車のタイヤ3分の1くらいまで道路に
水がたまっているところもあり、雷がひどくなってきたところ
で「中止」を決定いたしました。
あれこれと計画、準備することも楽しい事ですが、
やはり、実施できないのは残念でした。
気を取り直して、次回のイベントは楽しい会にしたいと思います。
会員の皆様には、ご参加、ご協力のほどよろしくお願い致します。
道場長代行 束元
※画像は先週末の栄松ビーチ(昨日もこれくらい晴れてくれていればなぁ・・)  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 05:59Comments(0)

2012年07月20日

昇段審査と「武道の名誉」

昨晩 野中日文大師の宮崎研修会において
都城錬成会から都城、山之口それぞれ一名の二段昇段審査が行われ、無事合格致しました。
久野、田端両会員おめでとうございます、後進達の良き見本となるよう今後とも一層励んでください。
しかし、毎度のことながら自分の審査以上に緊張してしまいますね、きっと慣れることはないのでしょう。

さて武道界でまたもや名誉を失う(とっくに失っていますが)犯罪が発生。。
ニュースで詳細まで知ることができるので内容までは別段触れることはしないが
「合気道は槍と剣を母体とした武道」と看板を上げている手前 対岸の火事では済まされない。
同じ「剣道」と括られてしまっている古流剣術各流派にとっても同じような心持ではないであろうか
皆一言に「はなはだ迷惑千万だ」という事であろう。いっそ「撓道」と別れてくれればとも思うのは私個人だけではないと思うのだが。
決して全剣連剣道を侮辱しているわけではない、「剣道」の代表としての責任を帯びているということをもっと真摯に、常に考えておいてほしいという事である。
全剣連剣道を修する人たちが全員あのような法律を犯す様な犯罪性格者であるなどどは当然のことながら
思っていないし、全剣連修行者にもひたむきに剣の蘊奥を目指す剣士がいることは良く知っている。
逆に古流他流に人格的問題が無い人間ばかりかと断言できるのかと問われれば。。。
野中日文大師、常に曰く「社会は武道を遣る人間は服を着たゴリラだと認知している」
しかしまあ、ゴリラどころかこれでは・・・ああぁ

むろん愚拙は自身が聖人君主だと言うつもりは毛頭ない。
物欲、性欲 人間が生きていく中で発する欲望を否定する事もないし、なにより自身「欲」が強い方だと思う。
そして今回事件を起した人物と多分いいとこ勝負の大助平、好色持ちであることも自覚している。

しかしながら、好色も法を犯せば立派な犯罪。言い訳は一切通じない、スケベでは済まされないのである。
おまけに彼は剣道界を代表する有名人かつ犯罪を取り締まる側の公僕・・・市井の一好色魔が犯罪を犯したのとはわけが違う。 彼は刑法の罰則とは別の大きな社会的罰を背負うことになるかと思うが正面から受け止めて反省し今後の人生道に励まれることを願う。乗り越えるかどうかは彼の今までの剣道人生がホンモノだったかどうかが明らかにしてくれるだろう。

古来武道家は社会的にも尊敬の対象で有った。厳しい修業を経たその背中には武徳が顕れ
ひとたび気合いを発すれば魔をも退けるほどの剣気を帯びたという。
「服を着たゴリラ」どころか「キチガイが刃物を持った」という扱われ方をするのか
先人らの遺徳を継いで武道の社会的存在意義を復興できるかは武道界に身を置く我々一人一人の
肩に掛っているのだという事を忘れない様にしなければならない。


理事長  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 11:38Comments(0)

2012年07月15日

「道ゆかば」


毎月、第四日曜に行われる
「郷中教育(ごじゅうきょういく)体験講座」
で頂いたテキストに論語から、十数点選んで記載、
意訳がされており、目を通す度に深く学び、
心掛けてゆかねばという思いにかられます。

○子曰く、学びて思わざれば、すなわち罔(くら)く、
思いて学ばざれば、すなわち殆(あやう)し

○子曰く、学びて時にこれを習う。また悦ばしからずや。
朋有り遠方より来たる。また、楽しからずや。

○人知らずして慍(いきどお)らず。また君子ならずや。

稽古場もこのような場所でありたいと思い、また学ぶことで、
心の置き所を確かにして普段の生活に活きるようにしたいと思います。

道場長代行 束元
  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 21:31Comments(0)

2012年07月08日

「梅雨の晴れ間」


梅雨明けが待ち遠しい中、晴れ間がのぞき
おそとに「行く」という娘のリクエストにこたえて
近くの公園まで散歩に出かけました。
ようやくおしゃべりしはじめて、
「たんぽぽ」「ちょうちょ」「にゃん」など、
発音はあやしいながら、道々出会うもの、
都度確認しながらの散歩。
大人であれば、3分足らずの距離を20分程度
かけて歩き、あっち、こっち、道草しながら、
短くも楽しい子供とのひと時でした。
公園では、鉄棒、ブランコ、すべり台と
はだしで歩き回り、ひとごごちついた帰路
では、「だっこ」の一言・・・
ずっしりと、娘の成長を感じながら帰った
日曜の朝でした。

道場長代行 束元


  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 23:18Comments(0)

2012年07月04日

郷中教育参加日記(1)

先日開催されました、「楽しく学べる島津の教え -郷中教育(ごじゅうきょういく)体験講座」第2回に、親子三人で参加しました。当日は雨でしたが、高校生のボランティアの方々にも大勢参加いただき、論語の素読練習や武道演習、地元の夏の風物詩、「六月灯(ろくがつとう)」の灯篭づくりなど、子供たちも大変楽しく過ごせたようです。

不肖私も、「合気道の指導役」の末席として参加させていただいたのですが、メイン指導者は当会の園田理事長と束元副理事長。今回も護身術をメインに講義が進みました。

さて、帰宅後、講義中に撮影した写真をパソコンで見ておりましたら、参加した長女(6歳)が画面を見て一言、「あ、この人、お父さんを”悪い人”って言った人だ。お父さんは悪い人じゃないよねー。」

私は何のことやら分からず、「???」と、目が点。よーく思い起こしたところ、園田理事長が講義中に「正座のときにも、脇を甘く、だらしなく坐っていてはいけません。もし、このように両脇にいる人が”悪い人”だったらどうする? こんな風に両腕をつかまれて押さえられるかもしれないよ。」と説明されたのを思い出しました。たしかに、両脇の片方は私だったなー・・と(^-^;。
「いや、あれはそういう意味じゃなくてね、えーと、模擬的に・・いや、なんていうか・・。」と、結構、説明に戸惑った次第です。

けど、「子供って、ぼーっとしてるようで、一応、話は聞いているんだなあ。」と、笑いながらも感心してしまいました。そのあと、娘にはちゃんと説明して、理事長の名誉回復?はなされましたので、悪しからず。

郷中教育、こんな感じで楽しくやっております(←宣伝?)ので、皆さんもいかがですか?(^-^)

広報 久野

                                                

                                              

  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 15:44Comments(0)

2012年07月01日

「合気道体操」


7月からの夜の部の稽古時間帯変更に伴って、
月曜日通常稽古前の19:30~20:00に
「合気道体操」の稽古枠を取りましたので、
会員の皆様にはご参加頂きますようご案内いたします。
現在、火曜日(沖水道場)夜の部19:00~20:30
木曜昼の部9:30~11:30
金曜朝の部6:00~7:00
の稽古時間内で行っており、老若男女参加されております。
当会が行っている「合気道体操」とは、師が、椎間板
ヘルニアを患い、その後の予防対策として始めた
ストレッチ体操が元になって誕生したと伺っています。
「具体的な効果として、腰や膝の痛みなどの解消に
大きく寄与することを体験として実感している。
10年来、20年来、30年来の慢性的な痛みが、
この体操により完璧に解消したことは望外の喜びであった。
又、合気道体創りの一環として存在する。」
以上は師が述べられた実感です。
稽古前の準備体操にその一部を行っていますが、
ゆったりと、全項目行うと概ね30分程度の時間が
必要であり、現在、「合気道体操」だけに参加
されている方もいらっしゃいます。
一般の方で参加を希望される方は当会まで
お問い合わせの上、ご都合の合う時間帯に
ぜひご参加下さい。

道場長代行 束元

  


Posted by 都城合気道錬成会道友 at 16:22Comments(0)